メイン画像

オフィシャルブログ

新しい黄櫨染~その②

2016.02.13

久々のブログです。。。(・ω・`●)ノ
早いもので2月もすでに半ば・・・
今月に入ってもはまだまだ製作が立て込んでいて、更新を楽しみに待って下さっている方に申し訳なく、
それでもなかなか書けずに歯がゆい思いが続いておりましたが、ようやく落ち着いてまいりました☆彡
雛人形のシーズンもそろそろ終盤に差し掛かりましたが、
お子様ご誕生のタイミングからようやくお雛さんを探し始めたという方もいらっしゃるかと思います。
でも!!
焦らなくても大丈夫です !!v(o・`ω´・o) v♪
初節句は一生に一度のお祝い、ゆっくり楽しみたいとの思いから、
あえて旧暦3月3日のお節句(今年は4月9日、大安です)まで飾られるという方も結構いらっしゃいます。
旧節句までまだ一か月以上ありますので、じっくりお気に入りのお雛さんを選んであげて下さいね
では、しばらく滞っていたお雛さんのご紹介をしたいと思います。
今日は、『雲鶴』です。
            DSC05153_convert_20160209142918.jpg
三段飾りで豪華に飾りました。
親王のお二人がこっくりした色合いですが、
桜満開の屏風を活かすために官女を光沢のある萌黄色にして春の爽やかさもプラスしました。
官女の萌黄色が、かえって親王のお衣裳を引き立てているようにも感じます。
               DSC05154_convert_20160209143000.jpg
               DSC05155_convert_20160209143037.jpg
実はこちらのお雛さん、本来は黄櫨染の組み合わせなのを、思いつきで黒の「雲鶴」と合わせてみました。
1月10付のブログ「新しい黄櫨染」で、新作の黄櫨染がもう一組あると書きました。
それがこのお雛さんです。
ブログテーマが「新しい黄櫨染~その②」なのはその為です(〃’∇’〃)ゝ
黒と黄櫨染、どちらがお好みですか?
               DSC05158_convert_20160209163215.jpg
               DSC05159_convert_20160209163247.jpg
殿のアップです。
「雲鶴」の名の通り、瑞雲が流れる中を鶴が飛翔しています。
とても格調高い有職柄です。
黒はお洋服でもそうですが、きりっと全体を引き締めてくれますね。
毛氈の赤と屏風の金、そして男雛の黒。
この三色のコントラストが一見強いように思われがちですが、実際飾ってみると
とても華やかに、格式高い雰囲気を作りだしてくれます。
続いて女雛です。
               DSC05156_convert_20160209162915.jpg
               DSC05157_convert_20160209163057.jpg
               DSC05128_convert_20160110151037.jpg
1月10日付でご紹介した女雛も比較で載せました。
今回の女雛は2枚目のお着物が深い紫ですので、落ち着いた美しさがあるように感じます。
しかし重ねの部分は赤→ピンクグラデーション→白と、可愛い色合いです。
やはり、2枚目のお着物で全体の印象は決まってくるようですね。
そして黄櫨染と黒、お相手の男雛のお色でも印象は変わって見えると思います。
今回の女雛のように朱赤×濃紫という反対色のお衣裳は、十二単を豪華に見せてくれますね☆★
濃赤×濃緑や、薄緑×オレンジという組み合わせもあります。
色の合わせ方は無限にあって、だから雛人形の作り手一人ひとり、それぞれのカラーが出るのだと思います。
お顔や選ぶ生地の違い、着せ付けの方法ももちろん作り手ごとに違いますが、
どの色を合わせるか。。。そこにも作り手の好みが強く出ているのだと思います。
お雛さんが一堂に並ぶ、一年に一度のこの機会にそれぞれの違いや個性を見比べてみるのも、
楽しみの一つとしていただけたら、と思います。

お雛さんと屏風の関係

2016.01.26

京都特有の底冷えが年々辛くなってきており、靴の中にもホッカイロが必須となっている今日この頃です。。。(・c_・`)
さて、今日は屏風とお道具について書きたいと思います。
お雛さんの屏風はやっぱり金箔じゃなきゃ~☆と、おっしゃられるお客様がダントツ多くいらっしゃいます。確かに金色に輝く屏風でお雛さんを飾ると、とても豪華で華やか、そして神々しくもあります。しかも!!あの金色の屏風はどんなお衣裳でも合ってしまうから不思議です。
昔ながらの金屏風に菱餅、桜橘という伝統的なイメージが、それだけ私たちに根強く残っているのでしょう。
しかしながら、最近では様々な屏風が出てきており、それがとても洒落ているのです (´∀`○)ノ♪
私共のお店では、まずお雛さんをお選びいただき、次にお衣裳や飾られるスタイルに合わせてお好きな屏風やお道具を選んで頂いております。
逆に、展示の為に店内にお雛さんを飾るときは、屏風に合わせてお雛さんを選ぶこともしばしば・・・
金箔はもちろん様々な屏風を見て、楽しみながら組み合わせて頂ければなぁと思います。
               DSC05148_convert_20160126161819.jpg
こちらはおなじみ、”犬筥いぬばこ”さんです。
今年はなんと!屏風にもなりました♪
これは当然、セットにしなきゃ!ということで・・・
               DSC05147_convert_20160126161734.jpg
真上からですみません・・・(。-ω-`人) 京九番のお雛さんに丁度良い大きさです。
下部が赤いライン、他はとても薄いほんのりピンクの屏風で、両サイドに手描きで描かれています。
赤いラインがなんだか目出度い感じ出ています。
この屏風を初めて見た瞬間、「女の子の赤ちゃんが生まれて、家族みんなが喜んでいる」というイメージが湧きました。
赤い色でしょうか?
それとも犬筥の表情でしょうか・・・?
               DSC05150_convert_20160126161921.jpg
次はこちら。
手描きの「梅鶯うめうぐいす」です。 京十一番が丁度良く、薄い親王台で京十番にも飾れます。
上下のラインはモーヴ色。。。いやいや「梅鼠色うめねずいろ」!これがピッタリ!
つまりはグレーがかった赤紫系の色で、柔らかい印象。
可愛らしい鶯が春を呼んでくれています☆
               DSC05151_convert_20160126161957.jpg
お道具類はすべて梅で揃えました
和紙の灯りも梅がほんのり出ます。
               DSC05149_convert_20160126161850.jpg
お雛さんも梅柄のお衣裳にしようか悩みましたが、屏風の色が柔らかく優しい印象なので、敢えて濃いめの有職で引き締めました。
梅と鶯について少し調べたら、とても素晴らしい内容に出会いました。
「梅に鶯」は辞書にも載っている意味の定まった言葉で、取り合わせが良い二つのもの、美しく調和するもの、と言う例えの成句だそうです。
ちなみにメジロと鶯は見た目が似ているので混同されやすいですが、メジロは梅の蜜を吸うので、メジロがいる地域で梅が咲いていればしょっちゅう見かけられるそうです。しかし鶯は蜜を吸わないので梅の周りには滅多にいないそうで。。。
つまり、滅多に見られない梅(早春に咲く花)と鶯(別名:春告鳥)は、先人の、春への憧れを表現した美しい例えだったのです!
知りませんでした・・・
こんなにも奥が深かったとは・・・d(`・ω´・+)
「美しく調和する」なんて、お雛さんにピッタリの表現ではありませんかっ!!
ちょっと興奮してしまいました。
お衣裳の詳細は後日ご紹介致します~☆彡
いかがでしょうか?
今回ご紹介した他にも素敵な屏風がございますので、ご興味を持たれたらぜひお問合せ下さいませ!
              

組帯の美しいグラデーション

2016.01.20

新しい黄櫨染

2016.01.10

日中は暖かくて、屋内よりも外に出た方がお日様がポカポカして気持ちの良い日が続いていますね (´∀`*)
お店を再開してから早1週間が経とうとしています。
年明け最初の1週間て、本当に早いものですね・・・
お店はこの数日、店内のレイアウトを変えてみたり、お雛さんのセットを増やしてみたりと少しバタバタしておりました。
ようやく落ち着いたので、早速お雛さんのご紹介をしたいと思います (`・ω´・+)v
今日は、私の今期「好きベスト10」の中から「黄櫨染こうろせん」のご紹介です。
「黄櫨染」は毎年必ず作る定番ですが、姫のお衣裳はここ数年変わっておりませんでした。
今年は新たに2種類増えましたので、そのうちの一つをご紹介です。
もう一方は後日ご紹介いたします☆彡 (*´ノ∀`)もちろん好きベスト10圏内です。。。
            DSC05130_convert_20160110151117.jpg
               DSC05133_convert_20160110151152.jpg
殿は黄櫨染、やはり格調高い雰囲気ですね。              
          
               DSC05134_convert_20160110151224.jpg
               DSC05128_convert_20160110151037.jpg
姫は新しいお衣裳で、鮮やかな赤の唐衣(1番上のお着物)に、2枚目はピンクに梅花紋のお着物です。
五つ衣は、濃い紫~淡い紫、濃い緑~淡い緑で、単と衿は赤で合わせました。
古典的な色の配色がとても気に入っていて、二枚目の梅花紋の可愛らしさで古臭くならないようにしました。
床の間や和室は言うまでもありませんが、洋室のモダンな雰囲気でも、パッと周りを明るくしてくれるお衣裳のお雛さんです。
後日ご紹介予定のもう一方の黄櫨染は、今回のタイプより若干大人っぽい雰囲気かもしれません。
お楽しみに!!ヾ(oゝω・o)ノ))
さて、話は変わって・・・
実は少し前からインスタグラムを始めておりました。
ご案内が遅れてしまい、すでにお気付きのかたもいらっしゃるかと思います。
ブログはお店の営業中しか書けないのがもどかしく、もっと気軽に、色々な写真を投稿したくて始めました。
お雛さん以外のこともたまに投稿されたりしますが、工房の様子なんかもお見せしていきたいと思っておりますので、ぜひ一度のぞいて頂ければと思います。
トップページ左下のインスタグラムアイコンをクリックすると、これまでの写真がご覧頂けます。
インスタグラムをご使用の方は、「@sagano_ningyou_kyoto」で検索してみてください。
まだまだ投稿数は少ないですがぼちぼちやっていきますので、どうぞよろしくお願い致します☆
 

お店開店!!

2016.01.05

皆様、新年明けましておめでとうございます☆彡
本年も何卒、よろしくお願い申し上げます。
さあ!!
本日よりお店を開店致しました!!
年末から続いていた穏やかな気候も、今日は午後から雨がぱらついてきましたが、店内はパッと華やかですヽ(。???。)ノ”
『香御美世』らしく、今年は今まで以上にお雛さんをずらっと並べてみました☆
屏風やお道具なども様々取り揃えておりますので、是非一度お立ち寄り下さい!
本日~2月末日まで無休、午前10時~午後6時まで営業致します。
皆様のお越しを、心よりお待ち申し上げております。
                    IMG_1403_convert_20160105171055.jpg
                    IMG_1402_convert_20160105170934.jpg
                    IMG_1401_convert_20160105171019.jpg

制作没頭期間へ・・・

2015.05.07

GWもあっという間に過ぎ、気づけば5月も第2週目・・・ ということで、
平成27年度 ”香御美世” が、無事終了致しました!
ご来店下さいましたお客様やお問合せ頂いた皆様、誠にありがとうございました ミ★(*^▽゚)v
おみせは一旦閉め、店長業から離れますが、このまま工房へ加わります。
そうです!!お雛さんのシーズンが終了したのと同時に、すでに来季の新作に追われているのです!!Σ(・ω・ノ)ノ!
今年はどんな新作がお目見えするか・・・
6月にはお得意先様限定ではございますがみやこメッセにて新作発表会、その後7月頃~おみせでの展示となります。
早い時期からお雛さんのご検討をされている方もいらっしゃると思いますので、ご来店ご希望の場合は事前にご連絡頂けましたら、お日にちをご相談の上、おみせへご案内させて頂きます。
今後のお問合せは、
工房:075-871-8797(9:00~17:00、日祝休) まで、お願い致します。

晴れやかな鎧飾り

2015.03.25

皆様、お久しぶりでございます(●´ω`●)ゞ
暖かくなったり寒くなったり、忙しい3月のお天気ですね。
桜の開花が九州から始まってきておりますが、京都も今週には開花するとのこと。先日乗ったタクシーの運転手さんが、三分咲きでぐっと冷え込むと桜が長持ちするが、五分咲きで雨が降ってしまうと一気に散ってしまう・・・と教えてくれました。
そう聞いてしまうともう天気が気になって仕方ありません∑(-x-;)
京都は月曜日から最後?の冷え込みが到来しておりますので、なんだか・・・開花前に一人勝手に焦っております(。-_-。)
今年はどうしても御所の桜を見に行きたいので、一日でも長く咲いてくれることを祈るばかりです・・・
さて!
おみせでは”端午の節句”の展示を始めて早2週間が経ちました。
毎年感じることですが、ウィンドウディスプレイを鎧兜に替えた途端、男性の方が足を留めて下さるようになります。そのはっきりとした変化にいつも驚くと同時に、やっぱり”男の世界”なのだとしみじみ感じます。
しかしながら☆男の世界にだって「美」や「雅」なところが当然ありますので、そういったところを女性ならではの視点でご紹介させて頂ければと思っています。
        DSC04853_convert_20150323114440.jpg
今日のご紹介は、「武蔵朔太郎作 七号 赤糸裾濃 鎧飾り」 です。
赤糸裾濃あかいとすそご、と読みますが、裾濃とは徐々に色が濃くなっていくという意味です。
京鎧飾りは豪華で美しいのが特徴ですね。
可愛らしいサイズですが、赤糸の威と金色の金物でパッとした華やかさがあります。威は白→オレンジ→赤と徐々に濃くなっており、私の第一印象はずばり「日の出」です(〃´・ω・`)
飾って頂くときのサイズは、横幅80cm×奥行50cm×高さ65cm
           DSC04854_convert_20150323114514.jpg
           DSC04855_convert_20150323114550.jpg
                 DSC04856_convert_20150323114625.jpg
おみせでは畳台に載せて飾っておりますが、これを黒い毛氈に変えてみると、金と赤が更に引き立ち全体が引き締まると思います。
思い思いの方法で飾って頂くのも、節句飾りの楽しみの一つですね☆

雛祭り

2015.03.03

♪今日は楽しい雛祭り~♪♪\(^ω^\)( /^ω^)/♪♪
    
               DSC04851_convert_20150303164310.jpg

お知らせ&店内雛祭り

2015.02.28

今日で2月も終わりますね。
時間の流れが速すぎて、年明けから2か月間、一体何をしていたのだろうと考えてしまいます(;´▽`A“
さて、沙雅の人形おみせは、本日でお雛さんの”香御美世”を終了させて頂きます。
そして来週3月7日(土)~は”端午の節句”の展示が始まります
3月1日~6日は商品入れ替えの為休業とさせて頂きますが、おみせを出たり入ったり致しますので、お急ぎの御用がある場合はメールか留守電にメッセージを入れて頂けましたら、こちらから後日ご連絡致します。
工房も3月3日~9日まで休業させて頂きますので、ご理解のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。
さて、おみせでは、毎年恒例「店長の勝手に雛祭りパーティー」です☆彡
              DSC04843_convert_20150228154051.jpg
今年もやってしまいました・・・デパ地下での雛菓子衝動買い!
パッケージの可愛らしさと、価格のお求めやすさについタガが外れてしまいます(●´ω`●)ゞ
それでも今回はなんとかセーブしたつもり・・・
上からご紹介しますと、『京のあられ処 橘屋』さんの「花あられ」と「市松ゼリー」。「花あられ」はとっても可愛い紅白の小花(梅?)で、甘い味にほんのり梅風味です(つまみ食い)。「市松ゼリー」はその名の通りキューブ型のカラフルなゼリーで、まわりに砂糖が付いています。
続いて丸い木目の入れ物が『老松』さんの「ひなの菜」。曲げわっぱのような小さい木製の容器で、PP袋は赤い紐でくくられ梅の花がささっています。お道具にある行器みたい!と思い購入。中身は和紙にくるまれたお干菓子と金平糖でした。老舗の和菓子屋さんらしい、素晴らしい包装です (´▽`)
最後が『俵屋吉富』さんの「お干菓子 桃の節句」。この蓋!ジャケ買いならぬフタ買いです。
蓋はもちろん、中身もちゃんと京式にお雛さんが並んでいるのが嬉しいではありませんかヽ(。???。)ノ” さすがは京都の老舗和菓子屋さんですね☆
                 DSC04845_convert_20150228154125.jpg
雛菓子にばかり気を取られて、白酒のことをすっかり忘れておりました。
いくつになっても、雛祭りは女子力を高めてくれる最高の行事です。
どうぞ、ご家族皆様で楽しい桃の節句をお過ごしください。
”香御美世”期間中、当店へお越しくださいました皆様、そしてお問合せ下さいました皆様、誠にありがとうございました。
もし旧節句で飾られる予定で、これからお雛さんを探すというお客様がいらっしゃいましたら、どうぞお気軽にお問合せ下さいませ。 
それでは、来週から始まる”端午の節句”も、引き続きよろしくお願い申し上げます。

百合献上文

2015.02.20

外はまだまだ寒い日が続いていますが、店内は暖かいので一足早く桃枝が咲いております☆
やっぱり、生花を飾ると心が華やぎますね(´∀`) 
          DSC04828_convert_20150220155623.jpg DSC04827_convert_20150220155556.jpg
生きているからこそ、生けた直後と数日後の姿に変化が出て、見ているこちらの気持ちも変化してゆきます。
散ってしまった時は寂しさも覚えますが、そこもまた魅力なのでしょう。 そういえば生け花の先生が、「今は蕾やけど咲いた時のことも考えなあかんよ。」とレッスン中によく教えて下さいます。でもまだまだ初心者の私には”今”しか見えなくて、”その先”のことをつい忘れてしまいがちです。
「先を見越して考える」ことはとても難しいことですが、物作りに於いてもそれはとても大切なことだと思います。
これから幾歳月、皆様のおそばで飾って頂けるだろうと考えた時、”今”はもちろん綺麗でも”数十年後”も綺麗なままでいなければならないのです。
よくこの時期になると雑誌や博物館などで古いお雛様の展示・紹介がされていますね。
100年以上も前のお雛様がいまだ現役で飾られているのを見ると、強い憧れと同時に当時の職人さんへの尊敬の念が沸き起こります。
確かにお衣裳や御髪などに時の流れは感じるものの、それでも飾った時の豪華さや華やかさは全く失われていないのですから、それほど手の込んだ丁寧な作り方をしているのでしょう。
ただ丁寧に作るだけではなく「先を見越して」作る、生け花の教えがお雛さんにつながりました。
日本の伝統って、しみじみ奥が深いです・・・ρ(-ω- )
さて!
前置きが長くなりましたが、今日は「百合献上文」です。
            DSC04829_convert_20150220155707.jpg
            DSC04830_convert_20150220155737.jpg
            DSC04831_convert_20150220155810.jpg
献上取りという、額縁のように配された百合がモチーフの唐織を仕立てています。
ちょうどお袖のところが、百合が密集している部分です。
シルバーグレーの地色に、白と薄いレモンイエローで表現された百合が全体に咲き乱れております。
花芯部分は金糸です。
姫の重ねは紫のグラデーションでシックにまとめて百合を引き立たせ、差し色にヒワ色を入れて重くなりすぎないようにしています。
             DSC04832_convert_20150220160027.jpg
             DSC04833_convert_20150220160104.jpg
可愛らしいというよりは、モダンな雰囲気のお雛さんです。
百合は”凛”という表現がとても合う、美しい花ですね。
日本古来の花であると同時に、西洋でも古くから慕われてきた花だそうです。
「マドンナ・リリー」と言って、純潔の象徴でもあるそうですよo(‘▽’o)
他にはあまりないお雛さんですが、上質な唐織を纏っています。
いかがでしょうか・・・?
2月も後半に突入し、お嬢様のいるご家庭では、お雛さんを飾って賑やかになっていることでしょう。
これからご用意というお客様もいらっしゃるかと思います。
出来る限りご要望に応じながら雛祭りまでに飾って頂けるよう努めますので、これから!というお客様もどうぞお気軽に
お問合せ下さいね☆彡

  • 平安寿峰について
  • 雛人形
  • 五月人形
  • 市松人形、雛道具 など
  • オーダーメイド
  • よくあるご質問
  • おみせのご案内
  • アクセス
  • お問合せ
  • お知らせとブログ
  • リンク
  • サイトマップ
  • トップ

有職京人形司 平安寿峰 ブログ

有職京人形司 平安寿峰 インスタグラム

有職京人形司 平安寿峰 facebook

沙雅の人形 店舗

『おみせ』平安寿峰(1月~4月末まで)

〒616-8303

京都市右京区嵯峨広沢南下馬野町14-1 嵯峨ハイツ1F

『工房』沙雅の人形

〒616-8186

京都市右京区太秦堀池町16-19


ページトップへ戻る